コラム

[ ノウハウ ] -

美容室を開業するときの流れ

美容室を開業するときの流れイメージ画像

独立開業を目指す美容師の中には、夢はあっても具体的にどこから動き出せばよいかわからないという方も多いと思います。美容室を開業するときは、いったいどのような手順を踏めばよいのでしょうか。実際に開業までに必要となるステップを、順を追って見ていきましょう。

 

開業までの流れ リサーチ~資金調達

開業前の準備として、まず出店予定エリアのリサーチが挙げられます。ほかの美容室の出店状況はもちろん、どのような人が多くいるエリアなのか、どういったメニューやサロンが好まれるのかといったことについて調べましょう。
並行して、自分が作りたいサロンのイメージを固めます。サロンコンセプトは、開業準備の段階はもちろん、その後の経営にも深くかかわることですから、しっかり定めておく必要があります。

次に、事業の細かい計画を立てていきます。事業計画は、融資の申し込みなどをする際にも必要になります。具体的な資金計画や、オープン後の売り上げ予測、経費予測、店内の収容人数など、細かく計画を立てます。
何を決めればよいかわからない場合は、インターネットで事業計画書のテンプレートなどをダウンロードして、項目を埋めてみましょう。

事業の詳細が決まったら、いよいよ店舗物件探しです。このとき、資金の調達方法についても調べておきましょう。
資金の調達方法は、金融機関から融資を受ける方法が一般的です。物件を契約してしまったのに融資が受けられなかったということがないよう、事前相談や要件の確認をしておくと安心です。

 

開業までの流れ 店舗着工~オープン

物件契約後は、いよいよ内装工事が始まります。コンセプトに則った店舗デザインをデザイン会社や工事会社と相談し、内装を作っていきます。
居抜き物件を契約した場合はそれほど時間はかからないかもしれませんが、そうでない場合は、収益の上がらない工事期間中も賃料を支払う必要がありますから、注意しましょう。
また、スタッフを雇う場合は、オープンに間に合うよう、工事を行っている間に探しておくようにしてください。

工事が終わったら、必要書類を提出してオープンとなります。オープン前には、近隣の意家庭に割引券やチラシを配布したり、インターネットで告知を行ったりして、周知をはかります。

 

開業に必要な届け出

美容院を開業するためには、保健所への届け出が必要となります。自治体によって要件は異なるものの、内装などにも細かい規定があるため、内装工事着工前に図面や事業計画書を持参し、保健所に事前相談に行きましょう。
その後、「開設届」と、届けに必要な添付書類をそろえて保健所に提出します。
なお、2名以上の美容師が働く場合は、管理美容師が1名以上必要になるため、資格を取得しておく必要があります。資格取得のための講習会は頻繁に行われているものではないため、事前準備が大切です。

 

届け出や申請は多い

美容室の開設届のほかにも、新しく事業を開始するために必要となる届け出や申請が複数あります。
個人事業主となる場合でも、法人化する場合でも、それぞれに応じた届け出が必要となりますし、従業員を雇うのであれば、「給与支払事務所等の開設届出書」の提出が必要であるほか、労働保険や社会保険の加入手続きもしなければいけません。
こうした手続きは大変ですから、税理士や社会保険労務士といった専門家に依頼して代行してもらうのもひとつの方法です。

 

まとめ

美容室を開業するときは、具体的な物件選びや内装工事を行う前に、しっかりコンセプトを決めたり、保健所に事前相談に行ったりといった準備が必要です。また、オープン前後に提出する必要がある書類も多いため、自分の美容室に必要な届け出を把握しておきましょう。

店舗空間づくりのご相談、お問い合せ

美容室を開業するときの流れ

お問い合わせ

見た目だけではない
店舗空間づくり
ご相談・見積もりのご依頼は
お気軽に。

※お問い合せは無料です。
数日以内に担当よりご連絡を差し上げます。
※日本全国対応いたします。

ユニオンテック株式会社

03-6300-4357

営業時間 :

MAIL
店舗空間づくりのお問い合わせ

TEL03-6300-4357

店舗空間づくりのお問い合わせ
MAIL
TEL