コラム

[ 作り手の視点 ] -

デザインのいろは 「三上 大志」|ユニオンテックの店舗空間づくり

デザインのいろは 「三上 大志」|ユニオンテックの店舗空間づくりイメージ画像

Designer
デザイナー

お客様の望む方向で美容室をデザインする

 私はいま、主に美容室を中心に店舗デザインの内装や改装を手がけています。ただし、美容室と一口に言っても、個人経営の小さなサロンもあれば、大手のチェーンもあり、その内容は千差万別です。同じ会社の美容室でも、例えば、下北沢と銀座とでは客層はまったく違う。立地によってデザインも変わります。
デザインする上では、お客様の要望をデザインに反映させることに徹しています。どうしてもここは譲れないというデザイナー的なこだわりよりも、まずはお客様のニーズです。美容室のデザインには、例えばセット面の間隔は最低でも1400mmは必要だといったような、基本的な寸法を抑えておく必要がありますが、そういったサイズ感はすでに自分の中に蓄積できているので、あとは企業カラーやロケーションを考慮しながら、お客様のニーズを具現化していきます。
その店のオーナーはもちろんのこと、店で働くスタッフにもヒアリングしますが、意見がばらばらなこともなくはない(笑)。うまくすりあわせながら、こちらでプランを作って提示していきますが、お客様の望む方向でいっしょに物件を作れたときの充実感は格別です。

社内で誰よりも多くビジュアル資料を用意する

 案件で多いのはコンペに参加して、受注するケースです。コンペの情報を入手したら、お客様の要望をヒアリングし、それを具体的に図面やパースに落とし込んだ上でコンペに挑みます。
私はどちらかといえば人見知りで、口数が多い方ではありません。じっくりと時間をかけて信頼関係を育てていくタイプです。でも、お客様へのヒアリングはたったの1回。コンペの機会も限られています。制約された機会にお客様の要望を引き出たり、コンベのプレゼンの際にこちらの提案をしっかりと伝えていくために、私が心がけているのは事前に資料をしっかりと用意すること。
資料といっても、文章や平面図だけではありません。パースをたくさん描いて、目に見える形でお客様にお見せする資料を作ります。ここまでビジュアルをたくさん用意するのは社内でも私ぐらいじゃないでしょうか(笑)。それは、人見知りという私の性格をカバーする手段であると同時に、後から起きる問題を防ぐ意味もあるんですよ。
一つには、資料を作りこんでおくと、後で「言った」「言わない」という問題が起きにくくなります。平面図に加えてパースも起こしておくと、平面ではわからない問題点が見えてくるという利点も見逃せません。
例えば、天井の壁のおさまりや梁の圧迫感などは、パースで見ないとわかりづらいんですよ。前の会社で施工管理をしていた経験上、自分に豊富な情報量がないと、工事自体がうまく進まないことを身をもって知っています。資料作りを重視しているのはそのためでもあるんです。

会社の成長、自分自身の成長を実感

 ユニオンテックに入社する前は、大手の施工会社に勤務し、8年間ずっと現場監督をしていました。
次第にデザインをやってみたいという気持ちが募り、現場を知っている強みも活かして転職しようと、リクナビに登録したところ、ユニオンテックからオファーをもらい、転職を決意しました。
社長から連絡をもらって面接をしたときに感じたのは、成長期の会社だなということ。ここに入れば、自分も一緒に成長していけそうだ。自分の力を伸ばしていけそうだ。そう思ったんです。
その予感通り、成長を実感しています。前の会社は大手だったので、個人が埋もれてしまう感覚があったんですが、ユニオンテックにはそれがない。個の力が生きている感覚がありますね。

経験を積み上げ、いずれは次のステップへ

 入社当初は設計とディレクションを担当していましたが、いまはデザインがメインになりました。成長できる環境ではありますが、仕事はなかなかにハードです。こなさなければならない案件が多く、スケジュールがタイトなので、設計の細部がはっきりと決まらないまま進んでいるケースも正直あります。
ある美容室では、配管するために床上げをし、木軸で組んだところ、ハイヒールで歩いた時にコツコツと音が大きく響いてしまったことがあり、結局、下地に防音材を詰めて対応しました。見切り発車は決して良いことではありません。
でも、現場がスタートしなければ見えてこない問題が多いことも確かなんです。大事なのはお客様の立場に立って作り上げていく。この視線が不可欠でしょう。
いまは幅広い案件を手がけて、自分の経験を積み上げていく段階だと思っています。美容室に関してはキャリアを積んできたおかげで、美容業界の関係者などから積極的に情報を提供していただけるようになりました。以前に設計した美容室にも足を運んで、その後の状況をチェックすることもまめに行っています。美容系の情報やノウハウを蓄積し、店舗デザインに関しては会社の中で自分のポジションを確立して、皆といっしょに成長していきたいですね。

デザインのいろは 「三上 大志」|ユニオンテックの店舗空間づくり

お問い合わせ

見た目だけではない
店舗空間づくり
ご相談・見積もりのご依頼は
お気軽に。

※お問い合せは無料です。
数日以内に担当よりご連絡を差し上げます。
※日本全国対応いたします。

ユニオンテック株式会社

03-6300-4357

営業時間 :

MAIL
店舗空間づくりのお問い合わせ

TEL03-6300-4357

店舗空間づくりのお問い合わせ
MAIL
TEL